景観市民ネットから
景観市民ネットから : 景観市民ネット 公開講座のご案内
投稿者 : shozo 投稿日時: 2018-10-28 07:20:05 (142 ヒット)

エネルギーを知ると、未来社会が見えてきます。

約250年前に産業革命が始まるまで、人類の暮らしを支えてきたエネルギーは、水や風、山の木々を薪として利用するなどの自然由来でした。その後、石炭、石油そしてウランなどの資源エネルギーに転換し、私たちの暮らしは、豊かさを増していきました。しかし、資源エネルギーには限界があり、いつかは枯渇します。のみならず資源エネルギーに依存し、大量生産を前提とした現在の豊かさの見返りとして得たのが、地球が本来もっている自然自浄能力を超えた大量の廃棄物による温暖化と環境破壊です。こうした地球への負荷を、数値化したエコロジカル・フットプリントの最新発表によると、地球は1.7個必要で、世界中の人々の生活レベルが日本と同じだったら、2.8個必要とされています。

私たちの社会を支えるエネルギーは、これからどうなっていくのでしょうか。
今回の景観市民ネットの公開講座は、「自然エネルギー未来社会へ」というテーマで、自然エネルギーを提唱される、物理学者の小池先生をお招きしました。

自然エネルギーで私たちの暮らし、環境はどう変わるのか、未来社会をのぞきにきませんか。


■日 時 2018年12月1日(土)午後1時半〜4時半
■会 場 狛江市 泉の森










■参加費 1000円 申込み不要

■プログラム(予定)
1:30〜開会 主催者挨拶
1:40〜講演「自然エネルギー未来社会へ」
講師 千年文化を考える会 小池康郎(元法政大学国際文化学部教授)
3:30〜休憩
3:40〜質疑応答
4:30 閉会 ※終了後懇親会を予定しています。



投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。