投稿者 : shozo 投稿日時: 2019-11-13 10:17:22 (4 ヒット)

「常盤台まちづくりニュース」「関さんの森」「ラ・トゥール代官山マンション」  
 出版報告会

 景観市民ネットが発足して今年12月で節目の15年目を迎えます。
 この間に多くのマンション紛争や都市計画道路問題など、住民とデベロッパー、住民と行政との間で起きたさまざまな問題と関わってきました。
 さらに、5年ほど前からは景観とつながりの深い環境問題にも踏み込み、環境問題の名著「ナチュラルステップ」の復刊にも携わりました。
 毎年6月と12月には、市民集会を開催し、マンション問題についての勉強会、紛争現場の視察、環境問題の講師を招いて学習会など多様なテーマを取り上げてきました。
 節目になる今回の市民集会は、今年、景観市民ネットとゆかりの深い市民グループと個人が発刊した本2冊と現在進行中で間もなく発刊する本1冊について取り上げて、発刊に関わった3人の方に本の紹介などについてお話しをうかがうことにしました。

プログラム
1時30分
大西副代表の挨拶

1時40分講演
200号をひとつに区切りに。
合冊版 まちづくりニュース
お話し 島田晴子さん(常盤台の景観を守る会事務局)

2003年板橋区常盤台地区の駅前に11階のマンション計画が持ち上がり、その反対運動のために結成された「常盤台の景観を守る会」が発行したのがまちづくりニュースです。今年の4月29日号が区切りの200号となり、合冊版出版することになりました。


関さんの森の都市計画道路と市民運動
お話し 著者 関 啓子さん

埼玉県の松戸市にある関さんの森が都市計画道路によって危機におちいっていると景観市民ネットに関姉妹が相談に訪れたのは2005年のことでした。関さんの森は宅地開発が進む中で、残された貴重な自然林が市民やこどもたちの憩いの場となっており、ボランティア市民が森を守る運動を粘り強く展開。景観市民ネットも支援をしてきました。その結果、2008年の土地収用から11年目の今年、迂回路であった仮道路が正式な都市計画道路として認定され、関さんの森は残されることになりました。関さんの森の歴史から運動の経過が一冊にまとめられ、来年1月に出版、書店にて販売される予定です。


渋谷区役所と住友不動産の癒着で生まれた、
浮利と欺罔で固められた違法マンション
「ラ・トゥール代官山」
お話し 著者 竹居治彦さん

2010年、渋谷区鶯谷町の閑静な住宅地に建築された住友不動産の違法マンションを巡り、住民である著者が建築の裏に隠された、渋谷区長と住友不動産の癒着構造を解明し、違法の全貌をまとめ、出版することになりました。マンション完成から9年かけてまとめた内容は、行政と開発業者が癒着した違法建築の実態を浮き彫りにすると共に、まちづくりを行政任せにすることがどんなに危険なことか警鐘の書となっています。筆者は今年90歳、不正を許さない気骨あふれる記録です。



日  時:2019年12月14日(土)1:30〜
場  所:調布市市民プラザあくろす(国領)


投稿者 : shozo 投稿日時: 2018-10-28 07:20:05 (130 ヒット)

エネルギーを知ると、未来社会が見えてきます。

約250年前に産業革命が始まるまで、人類の暮らしを支えてきたエネルギーは、水や風、山の木々を薪として利用するなどの自然由来でした。その後、石炭、石油そしてウランなどの資源エネルギーに転換し、私たちの暮らしは、豊かさを増していきました。しかし、資源エネルギーには限界があり、いつかは枯渇します。のみならず資源エネルギーに依存し、大量生産を前提とした現在の豊かさの見返りとして得たのが、地球が本来もっている自然自浄能力を超えた大量の廃棄物による温暖化と環境破壊です。こうした地球への負荷を、数値化したエコロジカル・フットプリントの最新発表によると、地球は1.7個必要で、世界中の人々の生活レベルが日本と同じだったら、2.8個必要とされています。

私たちの社会を支えるエネルギーは、これからどうなっていくのでしょうか。
今回の景観市民ネットの公開講座は、「自然エネルギー未来社会へ」というテーマで、自然エネルギーを提唱される、物理学者の小池先生をお招きしました。

自然エネルギーで私たちの暮らし、環境はどう変わるのか、未来社会をのぞきにきませんか。


■日 時 2018年12月1日(土)午後1時半〜4時半
■会 場 狛江市 泉の森










■参加費 1000円 申込み不要

■プログラム(予定)
1:30〜開会 主催者挨拶
1:40〜講演「自然エネルギー未来社会へ」
講師 千年文化を考える会 小池康郎(元法政大学国際文化学部教授)
3:30〜休憩
3:40〜質疑応答
4:30 閉会 ※終了後懇親会を予定しています。


投稿者 : shozo 投稿日時: 2018-06-15 14:42:28 (478 ヒット)

エコロジカル・フットプリント“地球一個で暮らす知恵”
 
景観市民ネットでは、「よりよい景観を守り育てるには、その基本となっている環境についても提言していく必要がある」という考えに立ち、2010年、循環型社会の名著「ナチュラルステップ」(スエーデンの医師・カール=ヘンリック・ロベール著1996年に出版)の新装再出版を出版社と協働で実現しました。
 循環型社会の実現は、待ったなしの状況にあるいま、景観市民ネットでは、1991年カナダの学者を中心に「地球一個分の暮らし」を提唱した、「エコロジカル・フットプリント(以下EF)」について、公開研究会を企画しました。
 日本政府は、2006年、循環型社会の一つの指標としてEF導入を閣議決定。EFによると、2017年75億の人類が住む地球はすでに1個では足りず1.9個、地球の全人類が日本人の生活レベルだったら、地球は2.9個必要とされ、2016年地方自治体としてはじめてEFを導入した京都市は2.0個でした。
 今回の研究会を機に、市民グループ、個人、地方自治体、教育現場などで環境の指標として、EF導入への検討が高まることを期待しています。

■日時 2018年7月28日(土)午後1時半〜4時半
■会場 調布市国領市民プラザあくろす2階会議室
(京王線国領駅そば)







■参加費 1000円 申込み不要
■講師
和田喜彦さん(同志社大学経済学部教授 EUキャンパス支援室長)
伊波克典さん(グローバル・フットプリント・ネットワーク沖縄オフィス研究員)
清野比咲子さん(WWFジャパン、自然保護室、フットプリント担当)
泉 浩二さん(NPO法人エコロジカル・フットプリント・ジャパン理事)        
                     
    プログラム(予定)

PМ1;30  開会、主催者趣旨説明
PМ1;45  特別講義
        和田喜彦さん 「EF誕生の背景、意義」20分
        伊波克典さん 「EFの計算用」    40分
        清野比咲子さん「日本の自治体のEF活用の現況」
                           20分
        泉浩二さん「クイズに挑戦 EFの実践的活用」  
                           20分
PМ3;30  休憩
PМ3;45  質疑応答
PМ4;30  閉会
        終了後懇親会を予定しています。ご参加ください


投稿者 : shozo 投稿日時: 2018-04-25 13:31:29 (358 ヒット)

■陳情書

核兵器禁止条約に議会の賛同を求める陳情

趣旨
昨年7月7日、国連総会で核兵器禁止条約が採択されました。人道主義と人権、人間の尊厳が基本になっています。12月、この動きを推進してきたICANがノーベル平和賞を受賞しました。
一市民として自分に何ができるかを考えました。まず条約を日本語と英語で読んでみました。日本語では読み過ごしてしまうことばが英語では明確にイメージできることに気づきました。例えば次のようです。
 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 
前文の11パラグラフ「核兵器のいかなる使用も人道主義の諸原則及び公共の良心に反するであろう」の反するは英語ではbe abhorrentで意味はホラーを呼び起こすであろう、と非常に強い、感情的にも許しがたいとの意味が含まれます。
また条文第1条「核兵器その他の核爆発装置を開発し、実験し、生産し、製造し、その他の方法によって取得し、保有し、又は貯蔵すること」の生産し、製造しは日本語では生産と製造の違いが不明確で、どちらも作る、の意味。英語では生産はproduceで新しく作り出す意味が明確。製造はmanufactureとなっていてただ作る意味。また取得し、の acquireは、自分が望んで、努力して手に入れる意味がはっきり出てきます。このようなニュアンスが日本語訳では伝わりにくくなっています。
 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


2月10日、30年ぶりに広島平和記念資料館を訪れました。まず2階に行くように案内され、そこでは原爆投下前と投下後の爆心地の全容がパノラマで見えるように工夫されていました。さらに戦後の核軍拡と核軍縮の歩みが電子データで見ることができました。知識が増え理性で理解できる展示です。
そのあと1階へ降りていきました。被爆者の遺品が展示されていました。30年前とは感じるものが違いました。被爆した三輪車とその子供の話がメモされていました。こどもは自宅の庭に40年、三輪車と一緒に埋葬されていたようです。墓に移される際に三輪車は資料館に寄贈されたと。さらに一枚の写真に目が吸い付けられました。女学生です。顔と上半身が黒く焼け焦げた写真です。仮に命が助かっても生きていくことができないような火傷で、こころが重くなりました。
地下1階に下りました。オバマ大統領の折ヅルもありましたが、わたしのこころを強く打ったのは、亡くなった子供を菰で巻いて背負ったお父さんが「熱かったね、苦しかったね、辛かったね、一緒にお父さんと家に帰ろうね」と、背中のこどもに語り掛けながら焼野原を家路に向かおうとする絵でした。この絵はご自身も被爆された方が実際に見てこられた光景を絵にされたもののようです。
1階の遺品と地下の絵はこころを揺さぶります。わたしは、市民はこのこころの次元で核兵器の問題を考えなければいけないとおもっています。単に知識と理性だけでは甲論乙駁で論争はできても行動の本当の力にはなり得ないからです。
日本人の被爆のこのような体験、さらには核実験による南太平洋諸島、アメリカ、旧ソビエトの実験場の被爆者たちの体験に基づいた、国際人道法と世界人権法、人間の尊厳の見地から、24パラグラフの前文と20条の条文から国連の核兵器禁止条約は出来ています。
調布市議会の議員各位が、この条文をお読みになり自分はこの条約に賛成か反対かを、反対ならなぜ反対かの理由を明示してこの条約に対する意思を明確に示していただきたく陳情いたします。

平成30年2月20日
調布市議会議長 田中久和様
陳情者
調布市国領町4-35-2-711
大西 信也

■陳情審査結果報告書


投稿者 : shozo 投稿日時: 2017-11-23 08:43:44 (438 ヒット)

 ~羽田「都心低空飛行新ルート」問題を問う!~

2020年東京オリンピックを理由として羽田空港からの東京都心部への低空飛行ルートによる増便の計画が進んでいます。それに伴い、騒音問題、落下物問題、資産価値の低下、などが指摘され、最近マスコミでもよく取り上げられています。
今回の景観市民ネット市民集会では、このテーマをとりあげ掘り下げてみたいと考えています。
この問題の背景や見えてくる日本の未来についても考えてみたいと思います。航空評論家の秀島一生さん、大田区区議の奈須りえさんをお招きして、この問題についてのお話を伺うとともに、参加者間での意見交換を進めたいと思います。おさそいあわせのうえご参加ください。

日時:2017年12月9日(土) 午後1時半~4時半
会場:泉の森会館3階 (小田急線狛江駅北口そば)
   参加費500円










プログラム(予定)

PM1:30   開会・代表挨拶
PМ1:35~  景観市民ネット活動報告、本日の趣旨説明(事務局)
PM1:45~  講演
1.秀島一生氏(航空評論家)
「羽田ルート増便と都心低空飛行問題」
2.奈須りえ氏(大田区区議)
「羽田低空飛行問題と市民運動」
PМ3:10~   休憩
*休憩中に質問用紙・意見用紙への記載をお願いします
PМ3:30~  質疑応答・意見交換
PM4:30   閉会    
*閉会後、懇親会を予定しています


(1) 2 3 4 ... 8 »