投稿者 : ゲスト 投稿日時: 2015-12-01 07:50:41 (361 ヒット)

2015年11月28日(土)13:30~ 調布市市民プラザあくろす(国領)
出席者10名

・12月の市民集会について話し合う。
 「景観市民ネット10年をふりかえる」をテーマにして
  日時:2015年12月12日(土)13:30~16:30
  会場:狛江泉の森会館
 
 10年の歩みの流れのまとめ
  ①2005年12月3日設立
   国立マンション反対運動を契機に市民運動のつながりを求め
   て発足
   主にマンション建設反対運動を伴う建築紛争に関与
  ②2006~2008年ごろ
   マンション建築紛争に関与した時期
   定例会で意見交換や相談を行う
  ③2009~2011年ごろ
   マンション建設動向の減少とともに建築紛争もやや減少する
   一方、多様なテーマが登場した時期
   2011年東日本大震災、原発事故発生
  ④2012年ごろ~
   新たな活動の模索
   ナチュラルステップ、まちづくり実践塾、脱原発・反原発の
   公開研究会、建築紛争からまちづくり運動へ

 市民集会の進め方
  *ここでいう景観市民ネットの活動とは、景観市民ネットの団
  体としての活動だけでなく、景観市民ネットに参加している団
  体や個人や地域の活動を総称したものとしている。
 ・景観市民ネット10年を振り返りながら、社会状況の変化や市民
  運動の変化をフォローする
 ・景観市民ネットの活動が獲得した成果を多方面から評価・反省
  の視点から総括する  
 ・これからの市民運動のあり方を展望する中で、景観市民ネット
  のこれからを考える
 ・市民の立場から、事業者や行政(自治体)のあり方も展望する
 以上の点を踏まえながら市民活動の流れ、各地の反対運動とその
 後の活動をレビュー
   
(各地からの報告)
 今後の市民活動を展望する(全員で討議)
 最後に清水先生に総括してもらう。

メ―リングリストだけでなく、今までに参加したことのある人たちにもお知らせをメールして参加を募る。
当日準備作業に参加できる人は12時半ごろ集合。
例年通り当日、年会費も集める。
閉会後懇親会がある。


裁判のお知らせ
渋谷鶯谷 
12月9日(水)13:30~ 東京地裁803号法廷
小石川植物園問題(判決)
  12月15日(火)13:15~ 東京地裁419号法廷

次回の予定
 12月は市民集会
 1月の定例会
  2016年1月16日(土)13:30~ 調布市市民プラザ
  あくろす(国領)


                         以上


投稿者 : ゲスト 投稿日時: 2015-11-26 09:04:47 (394 ヒット)

「景観市民ネット市民集会」
  〜景観市民ネット10年をふりかえる〜

景観市民ネットの発足から10年が経過しました。マンション建設反対運動をきっかけに市民運動をつなぐことを目的として誕生した景観市民ネットの活動も多方面に展開するなかで、多様な様相を示してきました。
今年の市民集会は、景観市民ネット10年をふりかえることを主題として開催したいと思います。各地の市民運動もまた10年間でいろいろな局面に出会い、活動内容もまた変容しつつあるように見えます。ここで10年をふりかえり、これからの市民運動のあり方をさぐりたいと思います。
市民運動の活動内容の変化、自治体改革の展望、事業者の対応の変化、対案の提示や裁判闘争の様相等々、時代の変化とともに、各地からの報告をもとに、大いに討議を行い、今後の運動の共通認識を求めたいと思います。多くの方々の参加をお願いします。


日時:2015年12月12日(土) 午後1時半~4時半
会場:泉の森会館3階 (小田急線狛江駅そば)
  





参加費500円

プログラム
PM1:30~  開会
PМ1:40~  景観市民ネット活動10年の報告
PM1:50~  各地からの報告をもとに自由討議(全員参加)
・国立の今、関さんの森その後、玉川学園・常盤台まちづくり活動
 調布・小平道路建設反対運動、渋谷裁判闘争、文京区(湯立坂・
 小石川植物園問題)、・・・
PМ4:15〜  10年の総括 清水亮(東大准教授、景観市民ネット)    
PM4:30   閉会   
*閉会後懇親会を予定しています。

主催:景観市民運動全国ネット


投稿者 : ゲスト 投稿日時: 2015-11-20 12:44:22 (354 ヒット)

先の法廷で東京都は、渋谷区長の許可した開発計画の尻拭いをさせられることに不満顔を露わにしながら以下の要点の準備書面を提出した。
ラ・トゥール代官山は「エキスパンジョイントでつながった10個の別の構造体であると説明することが可能である上、・・・(中略)・・建築確認時における取扱いのとおり、『1棟の建築物』に該当しないものと判断するのが相当であるといえる。」と記述し、続く次の項目でも「(前略)1棟の建造物であることを前提にはしておらず、10棟の建築物に適用することも可能である」。とあるが、この反論には「可能である」を2回も使用しているが、「可能である」とは断定できない推論の意味であり、その自信のなさの表現である。
「一の建築物」とは建築基準法を基準とした学問的知識を前提にした用語の定義であり、過去の判例、建築物の構造上、機能上、外観上、一体の建築物を指すものでそれに疑義をはさむ余地はない。そしてエキスパンジョイントは構造耐力上の分離を問題にするもので、建築物としては一体であることを意味し、東京都が問題とする別の建築物とする根拠にはあたらないし、現実の建物が法律の許容範囲を逸脱した開発行為を、適法であるように欺罔した建築申請書が、法律上正しいものであるという答弁は本訴訟の趣旨とは全く異なる。
 ところで、先日文京区のマンションについて建築確認取消しを受けた確認団体は、ラ・トゥール代官山の確認検査を行なった都市居住評価センターである。                                                           
                        
『違法建築物除去命令義務付け請求事件』
・開廷日:平成27年12月9日(水)13:30
・法 廷:東京地方裁判所8階803号
          *交通 地下鉄・霞ヶ関駅下車
皆様の傍聴をお願いいたします!


投稿者 : ゲスト 投稿日時: 2015-10-14 07:21:05 (419 ヒット)

2015年10月10日(土)13:30~ 調布市市民プラザあくろす(国領)
出席者9名

・事務局から
12月の市民集会について
日時:12月12日(土)13:30~16:30
会場:狛江泉の森会館
 
集会の内容について意見を出し合う。
  景観市民ネットができてから10年たったので今までのまとめのようなことができないか。
  今までやってきたことを振り返って、これからどう対応していく必要があるか。
  10年前とは活動の中身、方向が変わってきているのではないか。
  行政や事業主(住民対策会社等)の意識の変化もあるのではないか。
  住民参加がどのように行われるようになったか。

10年間の折々のケースを振り返って、意見交換したり清水先生にまとめてもらったりして、時代を追いつつ問題を提起するような形にしてはどうか。
 (候補として、国立、関さんの森、湯立坂(文京区)、調布、ときわ台、町田…等があがる。)
今後調整していくことにする。


各地の活動報告
・調布道路問題
 国分寺崖線の世田谷区の崖面から見つかった、7世紀頃の物とみられる貴重な殿山横穴墓群が、道路建設工事で破壊される危機にある。
 設計変更を求める署名が始まっている。

・ときわ台
 常盤台駅80周年記念展を開催した。駅舎や町並みが南宇都宮駅と似ているのでいろいろ調べたりした。
 中央図書館問題でも、決定の場に区民が携われないという問題がある。
 分譲当時の古い建物を残す活動をしていきたい。

・小石川植物園
 正門側の塀は地盤の問題でL字型基礎ができなくなって再検討していたが、I型にする方針が決まったようで、文化庁に現状変更申請をしている。
 今度は温室の建て替え工事に伴う、北側の2項道路の問題が出てきた。建築確認をとるにはセットバックが必要とのこと。東大の考えや区の条例などを調べて、植物園に影響がないような方法を探っていきたい。

・小平都市計画道路問題
 2013年の住民投票についての情報公開請求の裁判は、最高裁が上告を受理しなかった。投票用紙の保存の要望書を出したが、すでに廃棄したとのこと。
 今後、弁護士と一緒にシンポジウムを開き、市民としてどんなことができるのか考えていきたい。
 小平市の市民学習奨励学級に出した企画があたったので、5回にわたりまちづくりを考える勉強会を開催する。



次回の定例会
 11月28日(土)13:30~ 調布市市民プラザあくろす(国領)




                      以上


投稿者 : ゲスト 投稿日時: 2015-09-20 20:28:29 (403 ヒット)

10月定例会

10月10日(土)13:30~ 調布市市民プラザあくろす研修室(国領)


« 1 2 3 (4) 5 6 7 8 »